サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
◎ 質問  
 試聴した場合、本当に購入等の義務とかは発生しないのでしょうか?
◎ 回答  
 もちろん、購入の義務とかは発生しませんし、お気に入らなければ遠慮なく返送して下さい。
 
 
ご返送後、購入を勧めるような連絡も致しません。
 ただ、試聴方法にも書かせて頂いていますが、希望者方までの送料は当方で負担させて頂きますが、返送の送料のみはご負担頂きますので、申し込みの際にはご注意下さい。
  
◎ 質問
  もし、スピーカーを購入後、誤って破損した場合は、修理とか出来るでしょうか?
◎ 回答
 スピーカーを落下させるとか、ご本人の過失による破損の場合でも、修理が可能な場合であれば、往復の送料と、若干の手数料(破損程度によりますが、接着部が剥がれた程度であれば、1000円程度)で修理させて頂きます。

◎ 質問
   
タイムドメインとか波動スピーカーとかが、いい音だと聞きますが、どう違いますか?
◎ 回答
  まず、タイプからして全く違います。
  タイムドメインと波動スピーカーは音場スピーカーと呼ばれる物で、上や横に向けて設置しますが、これは、天井とか壁に当たって跳ね返ってきた音を聴くためで、部屋中に音が蔓延するので、スピーカーから離れても、それほど音量は変わりません。
  また、反射音をメインに聴いているため低位感はあまりありませんが、音に包まれている感じはあります。
  長所とも言えますが、完全防音の部屋でなければ他の部屋に音が漏れやすいとも言えます。
  Octagonは、オーソドックスな前を向いたスピーカーですが、録音スタジオでエンジニアが意図した音は、スタジオと同じ形式の、このタイプでしか再生できません。
  このタイプのスピーカーは、聴く際にゴールデンポイントと言って、音が最も良く聞こえる場所があります。
  それは、二つのスピーカーを結ぶ線と底辺とした正三角形の頂点部で、下図のような感じになります。

  この図の位置が、最も良い音が聞こえると言われています。
  この位置以外でも、勿論聴くことはできますし、音質もそれほど変わりませんが、音量が決定的に変わります。
  これは、聴く場所を限定されるという短所でもありますが、通常、音楽をゆっくり楽しむ時は、くつろいで座りながらとかして聴くと思いますので、問題は無いでしょう。
  むしろ、この場所で十分な音量で聞こえていても、少し離れると、かなり音が小さくなるので、特別な防音室でなくても近所迷惑にもなりにくいとう長所でもあります。
  長々と説明しましたが、タイプが違いますので、比較するような物ではありませんが、どちらのスピーカーが原音を忠実に再生するかは、あなた自身が聴いてみられれば瞬時に結果は出ると思います。
 
◎ 質問
  
スピーカーケーブルは、変えて使ってみたいので、スピーカーターミナルをつけて貰うことはできますか?
◎ 回答
  「コンセプトと開発の道のり」の中で、「スピーカーケーブルの直づけ」のところで詳しく直づけを推奨する理由を説明していますが、どうしてもと希望される方には、別途、部品代と工賃の合計5,000円の追加料金でお付けさせて頂きます。
  希望する方は、商品一覧よりスピーカーターミナルを購入していただければ、取り付け希望として処理させて頂きます。

◎ 質問
  
もし、Octagonを購入後に、新しいユニットを搭載する物が出た場合、同じエンクロージャーの場合でも、一から買い直さないで聴く方法はありますか?
◎ 回答
  しばらくは、スピーカーユニットにかかわらず、同じエンクロージャーを使って行こうと思っています。
  ですから、新しく更に高音質なスピーカーユニットが出た場合、搭載して発売する事もあるかも知れませんが、そこは、個人経営の工房の自由な所で、
         スピーカーユニットの代金+往復送料+工賃5,000円位
で付け替えをさせて頂こうかと考えています。
 
◎ 質問
  
スピーカーユニットの背面からの音を利用して低音を作ると言うことですが、全面から出た音から遅れて聞こえませんか?
◎ 回答
  
確かに、スピーカーユニットの背面から出た音は、遅れて出てきます。
  しかし、遅れると言っても、音の速度は秒速約340メートルですので、音道長1.5メートルで換算すると0,0044秒、つまり、1000分の4秒です。
  1000分の4秒の時間差を聞き分けられる人間は、まず存在しないと思いますので、全く問題はないと思いますし、私自身、違和感を感じた事はありません。

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

音の専門家 代表 山口 修幸

 音響工房 音の専門家は、多くの人に本当に良い音を聴いて貰いたいとの想いで、早期退職をして始めました。

 価格も一瞬高いと思われるかも知れませんが、完全な手作りで一点一点手間と愛情を込めて作っていますし、音質的にも、音はお金に換算できませんが、敢えて換算するなら数百万円相当と思っています.

 コスパを考えれば、激安と言えるかも知れません。